お知らせ

HOME > お知らせ > 子どもの解熱剤の使い方を教えてください。

子どもの解熱剤の使い方を教えてください。

解熱剤は病気自体を治すものではありません。高熱で辛いときに少しでも熱を下げて、楽にしてあげることが目的です。
例えば39℃以上の高熱が出ていても、元気に遊んでいる場合などは、解熱剤を使用する必要はありません。
反対に38℃の熱でも辛くてぐったりしている場合は、使ってみてもよいでしょう。

一覧へ戻る