お知らせ

HOME > お知らせ > とても重症な患者の対応はどうなっていますか?

とても重症な患者の対応はどうなっていますか?

これまでにも数名、食物アレルギーによるアナフィラキシーショックで危険な状態で受診された患者さんがいます。
この場合には緊急処置が必要であり、最優先で対応しています。けいれんが止まらない場合などは、院長が救急車に同乗し、高次病院へ搬送したこともあります。

一覧へ戻る